canvas 遊びと学びのヒミツ基地

  • kidsday

日本中をこどもたちのキャンバスに!

KIDS DAY

つながる、ひろがる、創造の場

つながる、ひろがる、創造の場。

キッズデイは、
こどもたちの「創る」を応援する年に1度のお祭り。
全国各地でさまざまなワークショップが開催されます。
全国のおとなが、こどもが、手をとりあい、つながりあい創造的な学びの場をつくりだす日。
未来を創るのはこどもたちのクリエイティビティ。
日本中をこどもたちのキャンバスにしませんか?
公式サイト
KIDS DAY
開催場所
沖縄、東京、京都
実施日
2014年〜
  • レポート① 沖縄
  • レポート② 東京
  • レポート③ 京都・東京
  • 2014.09.26

    クリエイティブキッズデイ レポート!

    @ 沖縄こどもの国/ワンダーミュージアム

     

    「夏休みの最後は、とにかく楽しい思い出でしめたいよね!」ということで、8/29~8/31に開催したワンダーミュージアムでのクリエイティブキッズディは、こどもたちがわくわく楽しみながら、参加できる3つのワークショップを行いました。

    「ぷるぷるゼリー研究室」

     

    ckd_1_1

     

    小さな科学者たちの実験テーマはぷるぷるおいしいゼリーを完成させること。白衣に着替えたこどもたちは神妙な顔つきで計量器とにらめっこ。8グラム、80ml...聞きなれない単位を表わす言葉にちょっと緊張しつつも、工程をひとつづつ進んでいき、ジュースがぷるぷるとゼリーに変わったら実験成功。最後はおいしいゼリーに舌鼓。「実験成功!」「ぷるぷるになったね!」「すごいじゃない!」というスタッフや親御さんからの称賛にご満悦のこどもたち。

    「アルミホイルでつくろう!くしゃくしゃアート」

     

    ckd_1_2

     

    誰でも知っているけれど、恐らくそんな使い方は普段しないよね、お家で勝手にそんなことしたら怒られちゃうかもしれない…という禁断の扉を開いてこどもたちのクリエイティブな感覚を刺激しちゃおう!…ということで選んだ材料はアルミホイル。アルミホイルの感触や無限に広がる創作の可能性を子どもたちに感じてもらいながら、くしゃくしゃにしたり、のばしたり、つなげたり、色を塗ったりしながら作品を作ってもらいました。こどもたちはもちろん、一緒に参加した親御さんもアルミホイルでの作品作りに夢中。さらに「アルミホイルでこんな作品が作れるなんて!」と目から鱗のご様子。さて、キッチンのアイテムから工作の素材に一気に浮上したアルミホイル。しばらくは沖縄での工作のトレンドはアルミホイル・・・・になるかも!?

    「光る宇宙をつくろう!」

     

    ckd_1_3

     

    突如現れる大きなドームの中に入ると、子どもたちがイメージして制作した宇宙人や惑星などが光り輝く世界がひろがり、まるで宇宙空間の中に入り込んだような不思議な感覚が味わえます。そしてその宇宙空間は子どもたちの作品で日に日ににぎやかになり、クリエイティブキッズディの最終日にはワンダー宇宙が完成!ドームの中で寝ころぶと宇宙の中で漂っているような感じ。そんな遠い宇宙に思いを馳せながら沖縄の子どもたちは2014年の夏を終えたのでした。

     

    クリエイティブキッズディのワークショップに参加したこどもたちは総勢1,492名。

     

    ワンダーミュージアムでは、引き続き「理解と創造は驚きにはじまる」をコンセプトに、こどもたちと共に知恵と感性を磨き前進し挑戦し創造し続けていきたいと思います。

  • 2014.10.17

    クリエイティブキッズデイ レポート!

    @ こどもの城

     

    「“こどもの樹”の下で」
    <企画>深沢アート研究所 × CANVAS
    <協力>こどもの城

     

    ckd_2_1

     

    ワークショップコレクション10の会場の青山学院大学の向かい側、
    「こどもの城」前に立てられた青山のシンボル「こどもの樹」。

    芸術家・岡本太郎さんが願いをこめたこの作品の下に、こどもたちが集まり、ダイナミックに空間を彩った2日間のレポートです!

    ckd_2_2

     

    前日はあいにくの小雨模様。
    こどもたちを迎える「こどもの樹」もこころなしか寂しそうな表情に。
    「どうせなら、雨も楽しんじゃおう!」ということで、かわいいビニール傘をスタッフが取り付けていきました。
    準備も万端で、いよいよワークショップの開催!
    さぁ心なしか、雨も上がったかな?

    ckd_2_3

     

    このワークショップで使用するのは、こどもたちにも身近な素材「すずらんテープ」。
    「こどもの樹」をとりかこんだ構造体に、ぐるぐると巻きつけたり、くぐったり。

    カラフルな組合せを考えたり、通れない様にイタズラをしてみたり、すずらんテープ同士を巻き付けてみたり。ひとりひとり違った工夫も見られます。

    ckd_2_4

     

    夢中のこどもたち!こどもたちだけの自由な空間。みんなでつくりあげる遊び場のようです。
    すずらんテープがまるで森のように様々に折り重なり、有機的でダイナミックな空間をつくりあげていました。

    「“こどもの樹”の下で」は大盛況のままに終了!
    1日目はあいにくの雨模様からのスタートでしたが2日間の開催でたくさんの来場者に参加して頂きました。

     

    「こどもの樹」の下に、みんなまたいつか集まろう!

  • 2015.01.05

    クリエイティブキッズデイ レポート!

    @ 京都造形芸術大学・青山学院大学

     

    「夏休みの最後は、とにかく楽しい思い出でしめたいよね!」ということで、8/29~8/31に開催したワンダーミュージアムでのクリエイティブキッズディは、こどもたちがわくわく楽しみながら、参加できる3つのワークショップを行いました。

    ワークショップコレクション10の開催でにぎわう青山学院大学と遠くはなれた京都造形芸術大学を中継でつなぎ、「京都」の不思議と魅力を体感できるワークショップが同時に開催されました!
    なんと今回のクリエイティブキッズデイのために京都造形芸術大学 こども芸術学科 行成・浦田ゼミのメンバーがオリジナルで開発したプログラム!

    京都チームと東京チームで何度も事前に会議を開き、創りあげたのでした。
    碁盤の目が描かれた床にこどもたちは興味津々。これからなにがはじまるのかな?

     

    ckd_3_1

     

    今回は、2つの会場を中継でつなげながら、同時にワークショップが進んでいきます。
    京都会場のみんなとも大きく手を振ってご挨拶!

    ckd_3_2

     

    そうこうしているうちにバスに乗った舞妓さんがやってきました!
    よく見ると、いろんな色や柄の布が巻かれている舞妓さん。
    布をひろげると、それは京都の名所にまつわる柄が描かれている服になっていました。
    服を着たらゲーム開始!
    赤チームと白チームの二手に分かれて進んでいきます。
    ちょうちんや京都タワーの柄の服にこどもたちはごきげんな様子。

    ckd_3_3

     

    床に描かれた碁盤の目は、実は、京都の街並みをイメージしているものでした。

    ckd_3_4

     

    伏見稲荷、二条城、金閣寺、銀閣寺、平安神宮、清水寺などを色で表したテープが貼ってあります。

     

    スタッフから出題される京都にまつわる三択クイズに挑戦し、正解すると碁盤の目のなかをひとマスずつ進み、それぞれのゴールを目指します。
    ゴールはもともと、その建造物があった場所、つまりこどもたち自身が建造物になりかわり、
    京都も待ち並みを再現するという仕組みです。
    最初は最短距離でゴールしようと考えていても、既に誰かが入っているマスには進めないため、ゴールまでのコースを状況に合わせて変更する必要があります。
    こども達は、自分だけでなく周りの子の動きも考えてはやくゴールできそうなコースを進んでいくのですが、相手の動きを読むのは至難のわざ。
    あれこれ試行錯誤を重ねながら、マスの中を進んでいきました。

    ckd_3_5

     

    無事に目的地にゴールできたこどもたちは嬉しそうに手を上げて会場中にアピールしていました。
    ゴールをしたあとは、スタッフからお花の腕輪をもらい、
    仲間の場所までいってクイズのサポートをできるようになります。
    最初は見学席にいるお父さんやお母さんに答えを教えてもらう子が多かったのですが
    最後のほうは、こども達で相談したり、助け合いながらクイズの正解を考えていました。
    みんなで考えた答えが正解だったときの喜びは大きく、こどもたちの表情もとてもいきいきしていました。

    ckd_3_6

     

    最後に東京と京都のみんなで一緒に記念撮影

    ckd_3_7

     

    離れたところで一緒に頑張ったスタッフも記念撮影!

     

    クイズに挑戦し、今まで、なんとなくでしか知らなかった京都の文化に触れられた日となりました。
    また、離れたところに住んでいるひとたちと顔を合わせながら同じクイズに挑戦することにより、京都と東京の距離がこれまでよりもぐっと近くに感じることができたのではないでしょうか
    次回は、海のむこうとつなげて国際的な交流があるかも??

CANVASは、こどもの創造・表現力をキーワードに、各種イベント情報を主催者・
関係者のみなさまから募集しています。投稿をいただきました情報は、
全国のワークショップ情報のページとメールマガジンでご紹介をさせていただきます。

現在開催中のワークショップ一覧 http://canvas.ws/workshop
メールマガジン http://canvas.ws/mailmagazine

以下の注意事項をご承諾の上、下記のフォームにご記入いただき、送信ボタンを押してください。

 ※ ワークショップ投稿フォームに移ります。

● 頂いた個人情報は、投稿頂いたイベント情報掲載に関するCANVAS事務局からのご 連絡、その他、必要な範囲でのみ利用
  いたします。CANVASのプライバシー・ポリシーに関しまして、こちら http://canvas.ws/policy をご覧ください。
● ご投稿いただきました内容が、CANVASの掲載方針に合わないと思われる場合には、掲載を見合わせていただく場合がございます。
● 頂いた情報を掲載させていただく場合は、CANVAS事務局より確認のご連絡を差し上げます。
● 頂いた情報をCANVASにて編集して掲載する場合がございます。
● CANVASウェブページに情報をご投稿いただきましたことにより、
  何らかの 損害やトラブルが生じたとしましても、当方は一切責任を負いません。

お問い合わせされる方は、下記よりメールフォームへお進みいただき、
必要事項をご記入いただき、送信ボタンを押してください。

 ※ メールフォームに移ります。

ご記入いただく個人情報は、お問い合わせに関するCANVAS事務局からのご連絡以外の目的では使用いたしません。 また、ご入力いただいた個人情報は、CANVASのプライバシーポリシーに基づき、厳重に管理いたします。