canvas 遊びと学びのヒミツ基地

Scratchカンファレンス「Scratch 2018 Tokyo」を10/20に開催決定!

Scratchカンファレンス「Scratch 2018 Tokyo」を10/20に開催決定!

ただいま参加申し込み受付中です!

 

2020年から始まる小学校でのプログラミング教育必修化を受け、日本でもプログラミング教育に対する関心がかつてないほどに高まっています。なかでも、MIT メディアラボ ライフロング キンダーガーテン グループが2006年に公開したScratchは、世界で約3000万人、日本で約32万人の登録者を数え、テレビ番組でも取り上げられるなど、最もよく使われている教育用のプログラミング環境のひとつとなりました。

その使われ方は、ゲームやアニメーション、物語、音楽づくりなど様々で、画面の中だけではなく、センサーやロボットとつないで外の世界と連携させることも当たり前になっています。使われる場所も、家庭から、学校の授業、民間の教室、NPOなどの社会貢献、企業のCSR活動など多岐に渡り、オンラインコミュニティーでの活動も活発です。その一方で、具体的なカリキュラムの組み立て方や、教科との関連付けをどのようにすればよいのかという声も聞かれます。さらには、Scratchがなぜ作られたのか、なにを目指しているのかについても必ずしも理解されていない面もあります。

このような状況を受けて、Scratchの開発者であるミッチェル・レズニック教授をお招きして、日本初のScratchに関するカンファレンスを開催する運びとなりました。多くの教育関係者、研究者の皆様にご参加いただき、活発な議論が行われること期待しています。

関連リンク

https://sites.google.com/view/scratch2018tokyo

注目の記事

  • プロジェクト
  • プレスリリース
  • 出演・公演
  • メディア掲載
  • そのほか

最新の記事

CANVASは、こどもの創造・表現力をキーワードに、各種イベント情報を主催者・
関係者のみなさまから募集しています。投稿をいただきました情報は、
全国のワークショップ情報のページとメールマガジンでご紹介をさせていただきます。

現在開催中のワークショップ一覧 http://canvas.ws/workshop
メールマガジン http://canvas.ws/mailmagazine

以下の注意事項をご承諾の上、下記のフォームにご記入いただき、送信ボタンを押してください。

 ※ ワークショップ投稿フォームに移ります。

● 頂いた個人情報は、投稿頂いたイベント情報掲載に関するCANVAS事務局からのご 連絡、その他、必要な範囲でのみ利用
  いたします。CANVASのプライバシー・ポリシーに関しまして、こちら http://canvas.ws/policy をご覧ください。
● ご投稿いただきました内容が、CANVASの掲載方針に合わないと思われる場合には、掲載を見合わせていただく場合がございます。
● 頂いた情報を掲載させていただく場合は、CANVAS事務局より確認のご連絡を差し上げます。
● 頂いた情報をCANVASにて編集して掲載する場合がございます。
● CANVASウェブページに情報をご投稿いただきましたことにより、
  何らかの 損害やトラブルが生じたとしましても、当方は一切責任を負いません。

お問い合わせされる方は、下記よりメールフォームへお進みいただき、
必要事項をご記入いただき、送信ボタンを押してください。

 ※ メールフォームに移ります。

ご記入いただく個人情報は、お問い合わせに関するCANVAS事務局からのご連絡以外の目的では使用いたしません。 また、ご入力いただいた個人情報は、CANVASのプライバシーポリシーに基づき、厳重に管理いたします。