Programming for ALL すべてのこどもたちへ

プロジェクトについて

すべての子どもたちへプログラミング教育の
				機会を届ける

  • Microsoft
  • CANVAS

CANVAS について

NPO 法人 CANVAS では、これからを生きるデジタル時代の子どもたちに 主体的で協働的で創造的な学びの場 を普及させるため、2002年の設立以降、国内外の科学館や教育工学系の研究者・アーティストや自治体、
企業らが集うプラットフォームとして活動を続けています。

ワークショップや授業などの創る場、表現する場を提供し続け、これまでに約35万人の子どもたちが活動に参加しています。

活動の一環として、CANVAS の設立時から、プログラミング学習にも取り組み、2012年からは指導者研修や
カリキュラム提供など、学校や地域に対しての支援活動をスタート。

CANVAS WEB SITE
http://canvas.ws

このプロジェクトの目的

Programming for ALL は、日本マイクロソフト株式会社と NPO法人CANVAS が進める「すべての子どもたち」にプログラミング教育を継続的に届けていくことを目的にしたプロジェクトです。

遠隔地在住の子どもたち、障害を持つ子どもたち、
女性など多様な層の子どもたちを対象に、全国の学校・地域と連携した指導者研修会の実施や教材開発などの取り組みを推進しています。

  • とりくみ内容 ①

    モデルケースづくり

    小中学校・特別支援学校・行政等と連携した、プログラミング教育の実証授業・ワークショップを行います。各地域や学校に合わせた指導体制・体験内容づくりをサポートし、継続的なプログラミング教育の推進モデルを構築することを目指します。

    事例集はコチラ | 教材集はコチラ

  • とりくみ内容 ②

    指導者研修会の開催

    実証授業・ワークショップで生まれたプログラミング教育のノウハウを共有する場として定期的に指導者研修会を実施します。
    研修会参加者=Kidsプログラミングサポーターの皆さんと連携した授業・
    ワークショップも実施します。

    研修会ご参加案内

  • とりくみ内容 ③

    ラウンドテーブルの開催

    プロジェクトで生まれた成果を共有する場として、定期的に教育関係者向けイベントを行います。

    イベントのご案内

PROJECT | 事例集

Programming for ALLで生まれたプログラミング教育事例集

障がいのある子どもたちへ

  • 肢体不自由のある子どもたち

    ・東京都立光明学園
  • 知的障害のある子どもたち

    ・東京都石神井特別支援学校
  • 病弱・肢体不自由のある子どもたちへ

    ・佐賀県中原特別支援学校

遠隔地在住の子どもたちへ

  • ・愛知県一宮市
  • ・栃木県那須町
  • ・茨城県古河市
  • ・熊本
  • ・石垣島

女性向け

  • ・津田塾大学

PROGRAM | 教材紹介

Programming for ALLならではのプログラミング教育ツールの使い方

CONTACT | お問い合わせ・参加方法

Programming for ALLに関するお問い合わせやKidsプログラミングサポーター参加方法はこちらから

Kids プログラミングサポーターとは

マイクロソフトのテクノロジーを活用した指導者研修会を定期的に開催しています。
研修会参加者の皆さん=Kidsプログラミングサポーターとともに各地でワークショップや授業を行っています。

ワークショップ・授業の実施にご関心のある方、どなたでも大歓迎です。詳細・開催日時はウェブページをご覧ください。

プロジェクトに関するお問い合わせ

ご質問・ご意見、その他下記メールアドレスまでご連絡ください。
programming@canvas.ws